シースリーをおすすめする5つのポイント

定額7,000円で全身脱毛可能

シースリーは凄いのは、全身脱毛が毎月通いやすい定額料金で出来る事です。

回数制限がないので他の脱毛サロンと比べて全身脱毛が出来ます。

一般的な脱毛サロンでは、最初は安いのですが、必ずどこかで追加料金が発生します。しかし、シースリーは回数が重みがちな何度でも通って脱毛できる通い放題の定額コースなので安心です。

どのくらい通う回数があるか気掛かりな方にもお薦めです。追加の費用はなく、ご安心ください。

脱毛することは毛周期の関係があるので、両脇の脱毛だけでなく一度の脱毛では完全に無くなる事はありません。エステでは、通常10回近く通う必要があると言われてます。




全身53ヶ所しっかり脱毛

両ワキやVラインは、人目に触れるので部位なので、そのような時こそ安全な脱毛するのがおすすめです。

普通の脱毛サロンでは同じ全身脱毛でも、多くて30数カ所程度ですが、脱毛部位が

詳しくはこちら


シースリーでは純国産脱毛機ルネッサンスを使用

シースリー全店舗に国産の高級脱毛機「ルネッサンス」を導入しています。日本人女性の肌質、毛質を考慮しての設計なので、早く脱毛できます。

詳しくはこちら


引っ越ししても安心!全国サロン移動が出来ます

進学、就職、転職、旦那様の転勤など、お引越しをされることもあるでしょう。そんなとき、そのとき通っているサロンが、その地域にしかなければ、また引っ越し先で新しいサロンを探さなければいけなくなります。

その点、ミュゼプラチナムなら、ほぼすべての県に店舗をかまえていますし、面倒な手続きや手数料は一切なくサロンを移動できるので、そこも安心して申し込める理由です




脱毛について

最近の脱毛方法はどんなものがあるのかというと、レーザー脱毛(脱毛クリニックのみ)と、普通の脱毛サロンで行われている光脱毛です。低刺激性で肌に優しいという点ではおすすめしたいのは光脱毛ですが、光脱毛で使われている光はレーザーほど強く作用しないため、同じ効果を出すにはレーザーより施術回数を増やさないといけません。そこだけ考えればレーザー脱毛は光脱毛より良いという認識は正しいですが、施術時の痛みや刺激も強くなるので、生理周期や紫外線で肌が敏感な時期などには向かない方法だと言えるでしょう。

ワキガがあるからといって脱毛サロンを利用しないのは間違いです。においの温床となる脇を脱毛するため、雑菌の繁殖を抑え、においの軽減につながります。施術時にスタッフにワキガのにおいで迷惑をかけるのではと思うのはもっともですが、光脱毛では事前に毛を剃って脱毛するので心配ご無用です。また、その場で出来ることとしては、汗を施術前に軽く拭けばよいのです。どう拭いたら良いかスタッフに聞くのも良いですね。

ムダ毛処理はパーツに分けて施術しますが、取扱い部位は脱毛サロンごとに差がありますから、契約前の確認は不可欠です。例えば顔のムダ毛、VIO脱毛などの場合、していない店舗もありますし、初回カウンセリングが終わるまでには確認が必要です。ひとつのお店で脱毛希望部分をすべて施術することは決められていませんし、部分ごとに好きなサロンで施術するのも可能です。意外かもしれませんが、2店以上の脱毛サロンを使うと一店の場合より安くつくケースがほとんどです。

自分に合った脱毛サロンを見つけたいなら、口コミの検討は不可欠です。脱毛サロンが提供している技術レベルや内容等については店舗側の説明だけでは不十分ですし、脱毛サロンの評価サイトや口コミを参照して行きたい店を見つけるのがサロン探しの手始めです。お店で脱毛してもらったあとに満足のいく脱毛ができたのか、不満はなにかということもわかるわけで、効果のほどを知る指標となるため、ユーザーレビューは頼りになる存在です。

本人が気づかなくても目立ってしまうのは指のムダ毛でしょう。ハンドケア、ネイルケアに凝ったところで、指毛があったらドン引きでしょう。爪のケアと同様に、指のムダ毛ケアも脱毛サロンでプロにしてもらう人は多いので、面積は少ないですけど、お任せしてみましょう。もっとも、手というのは人目につきやすいので、肌のコンディションを見ながら慎重に脱毛方法を選択しましょう。持続性という点では医療脱毛の方が有利ですが、刺激や痛みが少ないという点で光脱毛を希望される方が多いのは事実です。

脱毛サロンでもユーザーレビューの高い店などは、施術日を予約するのが困難なこともあるようです。あまり日にちが確保できないでいると施術の間隔があいてしまい、つるんとした肌をキープできなくなってきます。口コミを見ていけば予約がしやすいサロンかどうか想像がつきますが、脱毛サロンとしては同じ系列店だったとしても、スタッフの異動や店舗ごとの差異もありますから、あくまでもレビューは参考にするにとどめておいてください。

使ってもいい現金が手元にあるなら、キャッシュで脱毛サロンの料金を払うのも良いでしょう。現金で払うのですから、あとでカードの決済日も気になりません。しかしたとえば全身脱毛のように高額な料金を先払いすると、もし途中で通えなくなったら契約に基づいて返金や解約手続きが必要です。店舗がなくなってしまうと、払い損になってしまいます。行くごとに支払っていたり、金額の大小によっては現金もありですが、そこそこの金額になるようならカード払いをお薦めします。

契約書にサインする前に知っておきたいのが、脱毛サロンのコース内容とその料金についてでしょう。老舗以外にも新しい脱毛サロンが続々と登場し、以前にも増して複雑な料金体系になっていると言えるでしょう。1回脱毛するごとに精算する方式のほか、サロンによっては月額制も用意されています。納得いく仕上がりになるまでにどれくらいかかるのかを確認することを怠ると、意外な高値に愕然なんてことにもなるでしょう。

評価の高い脱毛サロンというと、ミュゼプラチナム、エタラビ、KIREIMOが挙げられるでしょう。小規模経営の脱毛サロンと違い、著名な脱毛サロンはサービスや技能の水準が高く、総合的に見て良かったというレビューも多いのです。おのおの得意分野もありますし、どれが最良の脱毛サロンなのかは相性の問題もあるので、最初はお試し脱毛から始めるのが妥当なのではないでしょうか。口コミであたりをつけて行くのも良いでしょう。

コストダウンを考えて、脱毛器と脱毛サロンの使い分けをする人もいます。ホームユースの脱毛器を併用すると、たしかに脱毛サロンに行く回数は減らせます。難しい部分は脱毛サロンで施術してもらい、そのほかの部分は脱毛器で自己処理するのです。しかし脱毛器もそれなりの性能のものでないと市販品で自己処理で済ませた所だけまるでムダ毛処理を怠っているかのように見えるので、充分な性能を持っているか確認して購入してください。

シースリーの詳細はタップして確認

シースリー公式へ