シースリーをおすすめする5つのポイント

ひと月7000円の定額で全身脱毛が出来る

シースリーは凄いのは、全身脱毛が毎月通いやすい定額で出来る事です。

ひと月の定額料金以上は追加で発生しないので、他社と比較してもとても安く全身脱毛が出来ます。

他の脱毛サロンでは、安く体験できますが、いざ本格的に脱毛を始めると追加料金が必要になったりもしますが、シースリーの場合は、回数がかかりがちな各部位の脱毛を何回でも脱毛できる通い放題の定額コースなので安心です。

どのくらい通う回数があるか不安を感じているおすすめ。追加料金なしで通うことが出来るので安心です。

脱毛することは毛周期の関係があるので、どの部位でも1回の脱毛では完全に無くなる事はないです。エステでは、通常は12〜18回通う必要があると言われてます。




全身360°施術

脇やVラインは、最もひと目に触れやすく部位なので、そのような時こそ安全で綺麗に仕上がる脱毛サロンで

普通の脱毛サロンでは全身脱毛とはいえ、脱毛箇所は30ヶ所程度です。シースリーの場合は、53ヶ所行ってくれます。

詳しくはこちら


シースリーで使う脱毛機が他と違う

シースリー全店舗に国産の高級脱毛機「ルネッサンス」を使用しています。国産なので、日本人女性の特性にあわせて設計されているので、

詳しくはこちら


引っ越ししてもサロン移動は可能

進学、就職、転職、旦那様の転勤など、お引越しをされることもあるでしょう。そんなとき、そのとき通っているサロンが、その地域にしかなければ、また引っ越し先で新しいサロンを探さなければいけなくなります。

その点、ミュゼプラチナムなら、ほぼすべての県に店舗をかまえていますし、面倒な手続きや手数料は一切なくサロンを移動できるので、そこも安心して申し込める理由です




脱毛について

脱毛サロンに行くときは事前に施術部位を自己処理しておきましょう。剃り切れていない部分があると、ひょっとするとその日は施術してもらえないかもしれません。他方、サロンスタッフが無料で処理してくれるケースがあったり、サロン次第で対応がまるで変わります。わざわざ来たのにも関わらず徒労に終わらせないためにも、心に留めておきましょう。

一般的には、脱毛サロンに向かうときは、シェーバーなどを使って施術箇所の毛を剃った状態で施術に臨むでしょう。と言うのも、ムダ毛がそのままにされていると毛穴まで光線を届けようとしても妨害されて、脱毛の効果が低下するためです。ただし、施術当日にシェービングをした場合、シェーバーが肌を傷つけていることもありえるため、遅くとも予約の前の日までに除毛しておいた方がいいです。

最終的に、脱毛サロンでの全身脱毛にはいくらくらい合計で払うことになるのか知りたいという方も少なくないでしょう。実際は、元々のムダ毛の量によっても変わるので、前もって計算したとしても正確ではないでしょう。例えば20万円弱で済む人もいれば、50万円以上かけて全身脱毛する人もいます。ただ、前ほど出費がかさむことはなく、100万円なんてことはないですし、契約する際のカウンセリングでおおむねいくらかかるというのはわかるはずです。

家でムダ毛の処理をするのはヘビーな作業です。剃ろうにもVラインや背中は上手くできなかったり、日ごとムダ毛の処理に厄介でエネルギーを使いますし、多くの方が苦悩していることでしょう。自分で扱いづらい箇所の脱毛も、脱毛サロンなら何の問題もなく、自己処理に手間取る必要もなくせるでしょう。

託児スペースが用意された脱毛サロンとなると、現時点ではまだ少ないようです。託児所のない脱毛サロンでは、付き添いが必要な子供と一緒の来店は断られることが多いでしょう。とは言え、託児所がサロン内になかったとしても、そのサロンがショッピングモールの中で営業していれば、モールの託児施設を利用することもできそうです。

口コミなどで見かけることが多い脱毛サロンのトラブルは、「予約で困ることが多い」です。実際、夏を迎える前には、話題にあがっている人気店では、自分の都合のいい日に予約できないことが多いものです。予約で困った場合は、同一のサロンの別の店舗を選択することにより、利用が可能になるケースがあります。日本全国に店舗を拡大している脱毛サロンでは、支店でも予約できるかどうかについて電話して確認してみましょう。

脱毛サロンへ何回通えばムダ毛がなくなるかは、脱毛部位や選択したコースによっても違うのですが、脱毛完了箇所にムダ毛が生えてくる場合もあります。再び生えてきた場合でも、施術回数が多いコースですと産毛程度の細さになっている確率が高いです。しかし、個人差があるので、少ない回数でも脱毛効果が充分に得られる場合もあります。具体的な施術回数に関しては、確実なものではなく、大体の予想となります。

体調にもよりますが、脱毛機器の光が当たった肌は後々、少し熱を持つ場合もあります。よって、太陽からの紫外線にも注意が必要になるので、ゆったりとした服装を心がけましょう。さらに、その脱毛箇所が隠れることで良いと言えることが多くあります。状況次第では、紫外線対策が不十分でその箇所が炎症になってしまったり、色素沈着を起こしたりすることもあります。施術前には専用のワンピースタイプの施術着等に着替えるので、上下の分かれているような脱ぎやすいシンプルな服装で行くよう心がけましょう。

シースリーの詳細はタップして確認

シースリー公式へ